太ももが太い

太ももが太くなる原因は、脂肪や筋肉がつくことだけではありません。太ももが太くなる原因はさまざまです。原因に合わない方法で対策を続けていても、効果が現れないケースがほとんど。まずは自分の太もも太りがどこから来ているのか、その原因を把握しましょう。

132568

太ももが太くなる原因は主に4つ

太ももが太くなる4大原因は、
『むくみ』
『脂肪(セルライト)』
『筋肉』
『姿勢の悪さ』
といわれています。

『むくみ』

血行不良などにより、リンパの流れが悪くなると、代謝が落ちて体に水分が溜まってしまいます。このような状態を『むくみ』と呼びます。
下半身は上半身よりも心臓から遠い位置にあるため、血液を循環させるポンプの勢いが弱まり、リンパの流れが滞りやすくなります。また、重力により水分がたまってしまうことから、下半身はむくみやすくなるのです。

リンパは、老廃物を運んで体外へ排出する役割を担っています。血液中の老廃物のうち、80%~90%は静脈が担当し、残りの20%~10%までをリンパが担当します。流れる速度は非常に遅く1分間に10cm~20cmほどしか流れません。そのため、リンパの流れが悪くなると老廃物が体内に滞り、セルライトができやすくなります。

『脂肪(セルライト)』

セルライトとは、糖質・脂質のとりすぎや運動不足によって必要以上についた脂肪の周りに老廃物や水分が溜まって塊になったもの。セルライトは、一度できてしまうと、周囲の脂肪細胞とくっついてどんどん肥大化していきます。また、食事制限によるダイエットなどでは解消できない、非常にやっかいなものです。

『筋肉』と『姿勢の悪さ』

筋肉が肥大してしまうのも、太もも太りの一因となります。
筋肉は脂肪と絡み合ってしまう場合もあり、こうなると細くするのはなかなか難しいもの。筋肉による太もも太りの原因は、筋肉を酷使することにもありますが、『姿勢の悪さ』も大きく影響します。姿勢が悪いと、骨盤の開きやゆがみを引き起こします。
骨盤が開くと足の付け根が外側に開き、股関節がねじれて太ももの前面や外側に筋肉がつきやすくなるので、太ももが太くなってしまいます。また、血流も悪くなるため、代謝が落ちて脂肪もつきやすくなります。なかでも、太ももが極端に太い人は、骨盤の開きやゆがみのほか、浮き指が影響している場合があります。お尻と太ももが太くなる、いわゆる『洋ナシ太り』の方も、この影響が考えられます。浮き指とは、立っている時に足の指が地面に接地していない状態のこと。親指を上げて歩くクセがある方、親指を反らせると90度以上になる方は、浮き指の可能性があります。親指は、足の指の中でも体を支えるのにもっとも重要な役割を担っています。そのため、浮き指の状態にあると、歩く時に踏ん張る力が弱くなります。これによる不安定さを補うのが下半身の筋肉。なかでも、最も大きなお尻と太ももの筋肉が使われるため、どんどん太くなっていくのです。以上が、太ももが太くなる主な原因です。

そもそも、女性は、子宮を温めるために下腹部から太ももにかけて脂肪がつきやすい体質。よって、太ももを細い状態に保つには、できるだけ生活の中で太ももを太くする原因を作らないことが大切なのです。

太ももを細くするには、自分のタイプにあった解消法を選択することが肝心です。
むやみにダイエットやマッサージをするのではなく、まずは自分のタイプを判別することから始めましょう。

イスタナロゼではセルライトやむくみに働きかけるエンダモロジー、インテグラルで効率的にたまった老廃物の排出を促しすっきり美脚メイクします。
サーモシェイプによる脂肪溶解で気になる部分をさらにスピーディーに狙い撃ちすることも!
まずはあなたの太もも悩みの原因をすたっづが丁寧にカウンセリングし、一番効果的なトリートメントをご提案します。
お手頃なトライアルコースもありますのでお気軽にご相談ください。

おすすめの施術: