太い二の腕

ダイエットをしても二の腕はなかなか細くならないという方も多いのでは?
ここでは、二の腕が太くなる原因、一度太くなったら痩せにくい原因について解説します。

今年の夏はノースリーブを爽やかに着こなしたい!

そう思って二の腕を見ると、ふりそで肉がたっぷり…なんてことはありませんか?
また、本格的に夏を迎える前に慌ててダイエットしたけどなかなか細くならず、結局断念…という経験をした方も少なくないはず。

では、二の腕なぜ太くなり、なぜ痩せにくいのでしょうか?その原因について解説します。

528425

二の腕が太くなる3つの原因

二の腕が太くなる原因には、主に以下の3つをあげられます。

  • 皮膚のたるみ
  • 脂肪の蓄積
  • セルライトの蓄積

皮膚のたるみ

二の腕は2つの筋肉で構成されているのですが、内側を上腕二頭筋、外側を上腕三頭筋と言います。
重い物を持ったり、運んだり、引っ張る時に使う筋肉は、上腕二頭筋です。
いわゆる『力こぶ』と呼ばれるもので、普段の生活で使われるのは、ほとんどがこの筋肉です。
対して、外側の上腕三頭筋は、腕を伸ばす、押す、高いところの物をとる時に使われる筋肉で、普段の生活ではあまり使われません。
上腕三頭筋はなかなか使われないため、鍛えられないことから脂肪が溜まりやすく、これが、腕のたるみの原因となります。
ヒジを曲げた状態で二の腕の外側をつまんだ時、皮膚が伸びてしまう方は、かなりたるんでいる証拠です。

脂肪の蓄積

体全体の脂肪が多くても、二の腕は太くなります。二の腕は体のなかでも脂肪がつきやすく、さらに一度脂肪がつくとなかなか取れにくい部位でもあります。消費カロリー以上のカロリーを摂取していると、余分な脂肪を皮下脂肪として体に溜めこんでしまい、体はもちろん腕もどんどん太くなります。

セルライトの蓄積

上腕三頭筋は普段あまり使われることがないため、脂肪がつきやすくたるみやすいのはもちろん、老廃物を運ぶリンパ液の流れも悪くなりやすい部位です。、リンパ液の流れが滞ると、老廃物も排出されずに溜まってしまい、これが脂肪とくっついてセルライトを生成してしまいます。セルライトは、老廃物を溜めこむとどんどん肥大化して塊になり、ひどくなるとパッと見てもわかるくらいに肌が凸凹になってしまいます。

上記三つに共通するのは運動不足と、代謝の低下です。

とはいえ、日々の生活の中で高いところのものをたくさん撮る動作はなかなかできません。
イスタナロゼでは滞ったリンパと、できてしまったセルライトをエンダモロジーでもみほぐし、脂肪はサーモシェイプ溶解。仕上げにEMSで電気刺激を送り寝たままで引き締め。理論的なアプローチで効果的に二の腕をほっそりさせます。

おすすめの施術: